結婚のお礼状について

結婚のお礼状のマナー


トップ / 結婚のお礼状のマナー

結婚祝いのお礼状について

お祝いを頂いた場合には、なるべく早くお礼状を出します。文面には、先ずお祝いに対するお礼と感謝の気持ちを述べます。そして自分だけでなく、二人で喜んでいる様子を伝えます。現金であれば、具体的に何に使いたいかを記すと、喜びの気持ちがより強く伝わります。最後にこれから始まる新生活への抱負と共に、今後の末永いお付き合いやサポートをお願いする言葉を添えます。署名は2人の連名でします。結婚祝いを頂いたらお礼状を出し、その後お返しをします。これには披露宴にご招待する、内祝いを差し上げる、新居にお招きするなどの方法があります。内祝いは式にお招きできなかったり、急に欠席された方に贈るもので、結婚式の後1ヶ月以内に品物を選んで贈ります。費用の目安は頂いた金額の1/2〜1/3です。

お礼状を書くということ

結婚をした際に挙式披露宴に参列をしてくれた人に対して、お礼状を書くことがあります。これは礼儀であり、マナーでもあります。何もないのは失礼にあたるので、必ず送るようにします。おめでたいことですし、2人の門出を祝ってくれる人たちがわざわざ足を運んでくれるわけですから、その感謝の気持ちは伝えなければいけないのです。しかし送る範囲を決めて、友人や親族に送らないという夫婦もいます。本来であれば、結婚式に、参列をしてくれた人に対して全員に送付しなければいけないものなのです。デザインをするのも今は簡単にできるのです。

結婚祝いについての情報