結婚お祝いを貰ったら

結婚内祝いのマナーとは


トップ / 結婚内祝いのマナーとは

結婚祝いのお返し相場

結婚した夫婦にお祝いとしてご祝儀もしくはお祝いの品をプレゼントしますが、そのお返しの相場はいくらぐらいにすればよいのでしょうか。披露宴に出席された場合は引き出物で相殺されますが、出席されていない方からの場合は貰った額の半返し(2分の1)が一般的です。品物で頂いた場合にも同様です。お返しの品としては、商品券やギフト券・菓子折りなどが多いようですが余裕があれば渡す方の好みの品物等ご用意されると喜ばれると思います。連名で複数の方からもらった場合においては、各個人へ半返し÷人数を目安にされると良いでしょう。いずれも結婚のお祝いを頂いてから1カ月以内を目安に手配されるのをおすすめします。

お返しはどうすればいいか

結婚のお祝いを頂いたけれど、内々の式で済ませてしまった、披露宴自体は行わなかった場合には、お祝いのお返しとして内祝いを贈るのが一般的です。慣習として、頂いたお祝いの金額の半額程度と考えられてはいますが、最近はそこまで難しく考える必要はなく、親しい人に送りたいものを内祝いとしてお送りしても問題がないようです。披露宴に列席した方でも、高額のお祝いを頂いた場合は、感謝の気持ちを返すということで、内祝いを贈っても良いでしょう。結婚祝いのお返しは、式の一ヶ月以内に贈る事がマナーですので、出来るだけ早く贈りましょう。

結婚祝いについての情報